地震保険は年末調整で控除が受けられます!

画像12

 

項目 年末調整 地震保険控除

 

 

地震保険は年末調整の対象になりますが、記入を忘れたりする事もあると思いますので毎年忘れないようにチェックなどすることが必要ですね。
※平成19年(2007年)度の確定申告から損害保険料控除はなくなりました。

 

地震保険に加入している場合、一年間に支払った保険料に応じて一定額をその年の所得から控除する事ができますが、地震保険は火災保険とセットで入らないといけないので2つの保険に入っているという事になります。
保険料控除申告書(地震保険料控除)の記入は最初はめんどくさいと思われるかもしれないですが、一回書けば来年書く時には前より大分慣れていると思われます。

 

 

項目 地震保険控除対象

 

 

地震保険の控除の対象なんですが、火災保険と地震保険をセットで加入して、地震保険料の部分が地震保険控除対象になります。

 

地震の保険は納税者(自己)や納税者と生計を一にしている配偶者その他の親族が所有している居住用家屋(その居住の用に共するもの)・生活用動産を保険や共済の目的とする契約で、かつ地震・噴火・津波が原因の火災、損壊等による損害をてん補する保険金や共済金が、支払われるものに限られるとなっています。
※生計を一にしているのと扶養親族は意味が違います。

 

普通は地震保険は単独での加入はできないので火災保険とセットなのですが、リスタという単独で地震保険に加入できる地震保険会社があるようです。

 

リスタなんですがこれからどうなるかは解りませんが現在は、地震保険の控除の対象とはなっていないようです。
※地震保険の控除の対象となるように働きかけているようで、いつかはなっているかもしれませんので問い合わせてみてください。

 

 

項目 リスタとは?

 

 

リスタ(Resta)とは単独では入れる地震保険で、このような保険は今の所国内唯一のようです。

 

月々の保険料も手頃な料金で、単独でも地震保険の上乗せとして加入することができます。
支払いの査定は自治体発行の被害認定のみを基準にしていて、保険金の使い道は自由のようです。

 

地震の被害規模による補償額は下記の通りです。

 

全 壊 大規模半壊 半 壊
Aタイプ 900万円 450万円 150万円
Bタイプ 700万円 350万円 116.7万円
Cタイプ 600万円 300万円 100万円
Dタイプ 500万円 250万円 83.3万円
Eタイプ 300万円 150万円 50万円

 

契約は5タイプあるようで補償内容は最大900万円のようで地震に起因した被害は補償の対象になるようですが、建物の一部損・家財のみの損害に対しては補償の対象になっていないみたいです。


◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3