損保ジャパン日本興亜の火災保険は無料でここまで補償してくれる

損保ジャパン日本興亜画像

 

項目 損保ジャパン日本興亜火災保険の特徴は?

 

2014年の9月に日本興亜損害保険と合併して損保ジャパン日本興亜ホールディングスが誕生しました。評価済保険を採用した安心の保険が特徴の損保ジャパン日本興亜の新しい火災保険。
ここでは、そんな損保ジャパン日本興亜が提供する保険商品「THEすまいの保険」の内容を中心に、火災保険の特徴を紹介しています。

 

項目 評価済保険について

 

評価済保険とは、予め保険の対象となる物件の再調達価額を評価した上で補償額を設定しておく保険のことをいいます。
従来の時価払いとは違って、物価の変動により補償額が下がってしまうリスクがないので、設定された金額の全額が、保険金として受け取ることが出来ます。
コレのメリットは、契約時の評価額で契約されますので、建物が古くなっても補償額が契約時の高いままというところですね。

 

項目 自分で選べて納得の保険料

 

用意された多彩なプランの中から、ご自身に必要なものだけを選んで組み立てることが出来るのが大きな魅力。
いらない補償を絞ることで、保険料を安くできるのもメリットのひとつです。
また、自己負担額をご自身で選択することで、保険料を調整することもできます。
その場合、自己負担額を上げれば、お支払い時の保険料は安くなり、自己負担額を下げれば保険料は高くなります。
カスタム可能な新しい形の火災保険といってもいいでしょう。

 

項目 長期月払い・年払いにすることでさらに割引が可能!

 

保険を2〜5年の長期の保険期間で契約することで、最大10%までの割引を受けることが出来ます。
一括払いにする必要はないので、負担額も小さいのがメリット。
さらには毎年の更新手続きも不要となっております。

 

項目 無料で付いてくる水まわり・鍵のトラブルサポート!

 

「THEすまいの保険」に加入することで、24時間水まわりのトラブルや鍵の紛失などの、トラブルに対応してくれるサポートサービスつき。
夜中にトイレが詰まってしまったり、鍵をなくして家に入れない時などでも、このサービスがあれば安心ですね。
なお無料で対応してもらえるので、費用の心配もありません。

 

項目 口コミ評価⇒幅広い補償範囲と自由にカスタムできるプランが魅力!

 

損保ジャパン日本興亜の火災保険は、火災に関する補償から盗難による被害に対する補償まで、ワイドに損害を補償してくれます。
盗難保険に関しては、通常ならオプションで別料金による加入となりそうなプランですが、損保ジャパンではこれをカバー。
保険契約プランも自在にカスタムできるので、余計な補償をはずすことができ、支払い時の負担を軽減できるのも大変メリットが大きいと思います。


◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3