火災保険どれがいいか分からない時は一括見積もりが便利?

画像6

 

項目 一括見積もりのメリット

 

 

一括見積もりのメリットはやはり色んな会社のプランや割引を確認したり、見た上で料金などを比較できる事ではないでしょうか。

 

火災保険の会社の数は多数ありますが、料金やプランなどを今は色々な方法で簡単に調べる事ができますし、パソコンで入力して調べたり無料の火災保険のコンサルタントに自分に必要な見積もりを出してもらい比較してみてください。
※パソコンなどから自分の住所や電話番号など個人情報を入力して調べる時には、SSL設定になっていると思いますが一応なっているかを確認してください。

 

火災保険に今すぐ加入を考えている人、「すぐには入らないけどとりあえず値段が知りたい」などの見積もりは無料なので、気軽に調べる事ができますね。
自分に合った補償内容や安くて条件の良い保険が見つかると良いですね。

 

項目 火災保険で損しない為には?

 

自分の家が2×4など安くなる部分は調べたり間違えないようにして、その他に火災保険で必要のない無駄な補償は外して安くしたいですし、逆に値段が高くなっても住んでる環境が海が近いや地震の不安がある場合は地震保険に加入したり、何の為に火災保険に加入するのかを考えて損しないようにしたいですね。

 

例えば水災を外す事で保険の料金がこんなにも安くなるの?と思う方も多いと思います。
絶対にその災害が起こらないともいえませんので、外す場合には十分に考えて判断する事が大切だと思います。
前の火災保険の会社を解約して新たに違う保険会社に加入する場合なんですが、長期契約の場合でもある程度の料金は戻ってくるようなので、満期は先の場合でも見積もりしてみてもいいと思います。  

 

項目 火災保険の昔と今、どう違う?

 

火災保険が改定されたみたいで、前と変わって大分自分で自由に選択できるようになったようで、自分に不必要の補償内容は外す事も出来る場合も有りますので、金銭的には大分余裕ができるのではないでしょうか。

 

あと料金は長期契約の方がお得みたいなので、今後の自分や家族の事を考えて何年保険を掛けるか考える必要もありますね。
※長期契約の一括払いでの係数は保険会社によって違うようです。

 

項目 色々な割引

 

会社によって色々な割引も有りますので、保険に入る前に見積もりしてもらって、割引などを確認し少しでも安く自分に合った納得のできる会社を見つけてくださいね。
割引なんですが調べた結果、保険会社によって使える割引は異なると思いますが。

 

【火災保険の割引】

 

 新築物件割引 ・オール電化割引 ・発電エコ住宅割引 ・耐火性能割引 ・長期年払い割引 ・セキュリティー割引

 

【地震保険の割引】

 

 建築年割引 ・耐震等級割引 ・耐震診断割引 ・免震建物割引

 

という割引があるようです。


◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3