賃貸住宅でも火災保険は入る方がいい?

画像11

 

項目 賃貸住宅入居者専用火災保険

 

 

一人暮らしや出張など賃貸の物件に住んでいる場合、建物自体は大家さんが保険に加入していると思われますが、家財を守るために賃貸住宅入居者専用火災保険に入る必要があります。
※賃貸契約の時に大家さんや業者さんから火災保険の加入を、強制的ではないと思いますが勧められる場合もあると思われます。

 

隣の家からのもらい火によって自分の財産に損害を受けた場合なんですが、相手から補償してもらえない場合もあります。
賃貸の契約で元の状態にして返さないといけませんので、火事が起こらない事が当たり前と考えずに入るかを考える必要が有りますね。

 

 

項目 どのような補償があるのか?

 

 

賃貸用火災保険は一般的に火災保険・個人賠償責任保険(特約)・借家人賠償責任特約の3つと思われます。
まず火災保険なんですが、普通は建物に大家さんが火災保険を付けていると思われますので、加入する火災保険というのは自分の財産に対する補償の保険です。

 

この家財に対する火災保険に加入している場合、もし隣の方が火災を発生させた場合にその方に賠償責任が無い場合でも、この火災保険から保険金を受け取る事が可能のようです。
※失火責任法という法律があるので、理解する必要が有ります。

 

賃貸住宅入居者専用火災保険とはいったいどのような補償をしてくれるか?を見てみます。
借家人賠償責任の補償は大家さんへ賠償の責任が発生した場合の損害に対して、補償をしてくれるようです。
修理費用の補償は部屋を賃貸借契約に基づいて修理する場合の補償をしてくれるようです。
契約する内容によって補償の有る無しが異なると思いますので、後で送ってくる契約の内容に目を通しておく事も大切ですね。

 

リスクを最小限にコントロールして生活することが大切ですね。

 

 

項目 色々な特約

 

 

保険会社によって色々な特約があると思われますし、必要なオプションを付ける事が大事ですね。

 

項目 個人賠償責任特約
 矢印 日常の生活で自分又は家族の人が他人に怪我をさせてしまった場合や、他人の物を壊してしまった場合の損害に対しての補償のようです。
※示談交渉のサービスは行いませんと書いてあります。

 

項目 類焼損害特約
 矢印 自宅からの失火で隣の住宅や家財を延焼した場合、賠償責任がなくても隣の住宅や家財を補償する特約のようです。
※保険金の受取人は隣の家の所有者のようです。

 

項目 携行品損害特約
 矢印 保険証券記載の建物の外に持ち出して偶然の事故での場合や、盗まれた場合の為の補償のようです。

 

治安や住んでいる環境によって加入を考えたいですね。
その他に保険会社によって色々なサービスがありますので、その事も考えて契約をする会社を選んでもいいのではないでしょうか?


◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3