地震の時の為に地震保険もつけておこう!

画像13

 

項目 地震保険も一緒につけた方がいいか?

 

 

火災保険だけではなく地震保険も一緒に加入するか?なんですが、地震を研究している専門の人たちのコメントや今後の地震の確率についての事や予想などを新聞やニュースなどで知る事ができます。

 

過去のデータから確率を計算したり独自の計算で確率を出したりしていると思われ、何年以内に何パーセントの確率でと書いていますが、全く数値が違うのでどの人やどのチームの発表を信じていいのかは難しいですが、あくまで目安として判断して考えることはできます。

 

過去において地震は起きていますので、火災保険だけではなく地震保険に加入する事も大切ですね。

 

 

項目 地震保険と火災保険を勉強しておくこと!

 

 

火災保険と地震保険に加入した後なんですが、もし勘違いしていたり間違えていた場合地震が起こり何かあった時に気付いたのでは遅いので、契約内容を見直したり本などを購入して自分で勉強する必要があると思われます。
万が一の時に保険に入っていたのに出ないや、保険内容と違うというような事がないように後々トラブルにならないようにメモしたりおかしいと感じたら、契約した保険屋さんに電話したりする事が大事だと思われます。
保険に入っている人は何のために保険に入ったのか…というような事にならないようにしなければなりませんね。

 

 

項目 地震保険だけ加入はできるか?

 

 

地震保険だけ単独で加入する事はできないようで、火災保険に加入して地震保険に加入する事になります。
火災保険に加入している場合は、途中から保険の期間中に地震保険に加入する事は可能のようです。
警戒宣言が発令された場合(大規模地震対策特別措置法に基づいて)なんですが、地震保険を新規で契約できないみたいなので知っておく事と、発令の前に加入しておかなければいけません。
料金が不公平になる為に規制しているようです。

 

 

項目 地震保険金額

 

 

地震保険の金額なんですが、火災保険の金額に対して決めるようです。
※30%〜50%の範囲内で決めるようです。

 

地震保険の保険金額なんですが建物の限度額が5000万円で家財の限度額が1000万円のようです。

 

建物の火災保険の保険金額が3000万の場合 ⇒ 30%(900万円)〜50%(1500万円)になります。
家財の火災保険の保険金額が1000万の場合 ⇒ 30%(300万円)〜50%(500万円)になります。

 

地震保険だけでは元の状態に戻す事のできる金額ではないと思いますが、万が一家や建物など被害にあわれた場合は手元に資金があるのと無いとでは全然違いますから地震保険は付けた方が良いかもしれません。


◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3