火災保険や地震保険にはどんな割引がある?

画像9

 

項目 火災保険の割引制度

 

 

会社によって火災保険の割引は違うようで、色々な割引があるようです。

 

見積もりや会社のホームページなどで、どのような割引があるか問い合わせたりして調べる必要が有りますね。
自分の建物などがどの割引に該当しているのか?を考えて、間違えず割引できる部分は料金をうかしたいですね。

 

項目 地震保険の保険料

 

保険金額1000万あたりの保険期間が1年の場合なんですが、県によって料金が違います。

 

【非木造の場合の値段】

 

安い順に値段を見てみます。

 

項目 5000円の県は、

岩手県・秋田県・山形県・福島県・栃木県・群馬県・富山県・石川県・福井県・鳥取県・島根県・山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・鹿児島県になっています。

 

項目 6500円の県や府などは、

北海道・青森県・宮城県・新潟県・長野県・岐阜県・滋賀県・京都府・兵庫県・奈良県・岡山県・広島県・香川県・大分県・宮崎県・沖縄県になっています。

 

項目 9100円の県は、

茨城県・山梨県・徳島県・愛媛県・高知県になっています。

 

項目 10500円の県や府は、

埼玉県・大阪府の二つです。

 

項目 16900円の県や都は、

千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・三重県・和歌山県になっています。

 

 

【木造の場合の値段】

 

 

項目 上記の非木造の場合の値段が5000円の県は、⇒ 10000円になっています。
項目 他の非木造の場合の値段が6500円の県や府などは、 ⇒ 木造の場合の値段は12700円になっています。ただし、香川県は15600円です。
項目 上記の非木造の場合の値段が9100円の県は、 ⇒ 18800円になっています。ただし、徳島県と高知県は21500円です。
項目 埼玉県と大阪府は18800円になっています。
項目 千葉県・愛知県・三重県・和歌山県は30600円で、東京都・神奈川県・静岡県は31300円となっています。

 

住んでいる県や府などによって値段が違うので不公平と思う方もいるかもしれませんが、あなたの場所の地震保険は安かったでしょうか?高かったでしょうか?

 

 

項目 地震保険割引

 

 

地震保険の割引は4種類あるようで、建築年割引・耐震等級割引・免震建築物割引・耐震診断割引が設けられていて、10%から30%の割引が適用されるようです。
※重複は不可のようです。

 

項目 建築年割引 ⇒ 保険料の割引率は10%のようです。
※契約の開始日が平成13年10月1日以降のようです。
※対象の建物は昭和56年6月1日以降新設の建物のようです。

 

項目 耐震等級割引 ⇒ 保険料の割引率は耐震等級1が10%、耐震等級2が20%、耐震等級3が30%のようです。
※契約の開始日が平成13年10月1日以降のようです。
※対象の建物は住宅の品質確保の促進等に関する法律に規定する日本住宅性能表示基準に定められた耐震等級又は、国土交通省の定める耐震診断による耐震等級の評価指針に定められた耐震等級を有している場合と書いてあり、耐震等級で3種類に分かれるようです。

 

項目 免震建築物割引 ⇒ 保険料の割引率は30%のようです。
※契約の開始日が平成19年10月1日以降のようです。
※対象の建物は住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく免震建築物の場合のようです。

 

項目 耐震診断割引 ⇒ 保険料の割引率は10%のようです。
※契約の開始日が平成19年10月1日以降のようです。
※地方公共団体等による耐震診断又は耐震改修の結果、建築基準法における耐震の基準を満たす場合のようです。

 

以上の4種類で重複はできないので最大が30%という事になります。

 

地震保険の係数は期間が2年の場合は1.90・期間が3年の場合は2.75・期間が4年の場合は3.60・期間が5年の場合は4.45と期間が長くなるにつれて料金が安くなっています。


◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3