火災保険の契約方法はどうする?住宅ローン、地震保険との関連は?

画像3

 

項目 火災保険は短期契約にするか、長期契約にするか?

 

 

火災保険契約の契約なんですが、最初に短期契約と長期契約のどちらにするか考える方が多いと思います。

 

とりあえず入っとくことにする、見直して他に良い会社があればそっちの会社に次から加入する、金銭的に余裕が無い、知り合いの営業マンに頼まれて断れなかったなどの場合などケースは人それぞれ!

 

長期契約のメリットとしては、長期になるにつれて料金の方が安くなります。

 

性格的にめんどくさがりの方や忘れやすい方や、出張など仕事が忙しい方などは長期契約の方が良いかもしれませんね。

 

その土地に長期的に滞在する事の無い人は掛捨にして一年更新の方が良いと思います。

 

 

項目 住宅ローン 火災保険

 

住宅を購入する時なんですが、お金持ちの方などは一括で支払いする方やお金を貯めてから購入される方もいるかもしれませんが、住宅は高額なので住宅ローンの方が多いと思います。

 

住宅ローンの場合なんですが金融機関も勿論商売ですから、万が一の時の為に生命保険入る事になりますが、ローンの期間は火災保険にも入る事になります。

 

項目 地震保険

 

地震は何時おきるか解りませんが、プレートがある県の方などは地震保険に加入される方もいると思います。

 

地震保険の場合は長期の契約なんですが、最長は5年までとなっているようです。

 

地震保険は5年経てばまた契約しなければいけませんね。
万が一の可能性で地震が発生した場合なんですが、地震保険だけで建物などに掛かった費用などを取り戻す事は難しいと思いますが、自分は大丈夫という考えは危険かも知れませんし、火災保険では補償されないのでそのことを頭に入れて加入するかを考える事が大事ですね。

 

地震などの自然災害の場合は勿論周りに助けてくれる方の力が必要になりますが、保険を受け取った場合は金銭問題での精神的負担の減少、はやい段階での社会復帰や取引先への支払いが少しは楽になるかもしれません。

 

 

項目 火災保険と地震保険

 

この場合は火災保険がでるのか?地震が原因での火災の場合は?など色々解らない事が有る場合や勘違いしている可能性がある場合などは、もしもの時に保険がおりなかったら困りますので、曖昧にせず保険屋さんや財務省のページなどで確認して正確に理解することが大切ですね。

 

地震保険がおりない場合は

◎故意 重大な過失 法令違反
◎地震の発生日から10日以上経過後に生じた損害
◎戦争 内乱
◎地震での紛失 盗難

 

これらの場合は、出ないみたいなので、よく契約内容を把握する必要が有ります。
財務省のページの下に電話番号も載っていますので、ページを見ても解らない事や質問等などがある場合は聞いてみてください。


◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3