火災保険おすすめランキング

火災保険の見直しを考えている方やまだ入っていないという方へ!

TOP

※プランや保険会社によって異なりますので、公式サイトより確認をお願いします!

◆火災保険◆おすすめランキング

ランキング1



ランキング2



ランキング3

まず、火災保険とはどういうもの?

画像1-1

 

項目 火災保険とは?

 

 

火災保険とは家やマンションなどが、何らかの理由によってもし火災が発生した場合に、建物や建物の中の物などの損害を保障してもらう保険の事です。
ガスやタバコなど火に対して気を付けていても、建物の老化やホコリによるトラッキングなどによる火災などは運や不運なので、万が一発生する可能性も有りますし防ぎにくい火災原因などもありますから、入っておく事で金銭問題のストレスは減少され安心して毎日生活できますね。
第三者による放火の場合は火災保険がおりるようです。
地震の場合は追加で地震保険に入らなくてはいけません。
ひょう・強風での自然が原因で火災発生する場合なんですが、高いプランに入ったり火災保険の補償内容を追加したりすることで貰えるようです。

 

 

項目 隣や近所で火災が発生した場合はどうなる?

 

 

隣や近所で火災が発生した場合なんですが、火災の原因をつくった方や発生させた人に重大な過失が無い場合には、その人から賠償して貰う事も難しいようです。

 

マンションやアパート又隣近所で火災が発生して火のこが飛んできたり燃え移る場合など、万が一自分以外の人が火災を発生させた場合の時の為に、不安などがある場合は火災保険に入っておく必要があるということです。
タバコの火やコンロなどから火災が発生した場合は、重大な過失として認められるようです。
例え相手に過失があった場合でも、相手に金銭的に問題を解決してもらう事は難しいかもしれませんが…
思い込みを捨てて火災保険の決まり事を知り、又色々な点を考える必要が有りますね。

 

画像1-2

 

 

項目 貰えない場合はどんな時?

 

 

火災保険は火災による場合でも絶対に貰える訳でもなく、貰えない場合もあります。
貰えない場合なのですが、戦争の場合や地震・津波・噴火などによる火災は対象外のようなので、補償を追加したり地震保険に加入したり保険屋さんに聞く必要があります。
また悪意などや保険金目当てで自分や家族などが火災を発生させた場合(証拠が見つかった場合や目撃者などで)は保険がおりないと思います。
あと寝タバコやガスなど使っていて電話が掛かってきて離れた場合や忘れていた場合などや、一般的な常識からずれている場合などは保険がおりない可能性もあると思いますので、契約する時に保険の内容を正確に理解して納得する必要があります。

 

 

項目 火災保険の種類は?

 

 

火災保険の種類なんですが、個人・家族の住宅に対して住宅火災保険・住宅総合保険・団地保険があり、事業に対しての普通火災保険・店舗総合保険があり分かれているようです。
補償の対象が建物と家財に分かれているみたいなので、契約が別々になるようです。
契約する保険会社の補償の内容や補償範囲、火災保険も種類を決めて約款や保険会社の人と相談して、自分に合った火災保険と保険の会社を探す必要が有りますね。


貴方の火災保険の入り方失敗していませんか?

画像4

 

項目 火災保険見直しも検討?

 

 

火災保険の会社の数は多数ありますので、自分に合った補償内容の会社や納得できる金額の会社などが見つかった場合は変更も考えないといけないので、見積もりや内容を比較して自分に合った良い会社を選びたいですね。

 

プランやコースも色々有りますから、見直して納得する契約ができるといいですね。
初めての契約の場合、最初は掛捨にして良い会社が有れば次から違う会社にする事も考える必要などもありますね。
保険料の取りすぎなどやニュースや情報などから色々問題のありそうな会社はやはり考えてしまいますね。

 

 

項目 必要ない補償は外すか?万が一の時の為に加入しておくか?

 

 

マンションやアパートなどを借りる時や住宅ローンなどの場合には火災保険に加入する事になると思いますが、自分の家に必要のない補償と必要のある補償を考えたり見直す事も大事ですね。

 

不動産で火災保険を勧められなかった場合なんですが、自分で保険会社に直接電話して入った方が良いと思われます。
外す事の出来る必要の無い補償は外す事で料金は確かに安くなると思いますが、万が一何かあった場合に外さなければ良かったという事にならないようにしなければなりません。
年金の方や不景気で会社の残業などが減ったなどの理由の方など、できるだけ金銭での負担を減らしたい場合などは、火災保険の必要の無い補償まで加入するのは難しいかもしれませんが… 

 

 

項目 保険金額−多数の会社の保険に加入してない?

 

 

知り合いに頼まれて他の保険会社に加入していたり多数の会社の保険も加入しても、かけている数ではなく評価の金額を限度に支払われるようです。
火災保険過払いなど後々色々な問題が出てこないように良い会社と契約したいですね。
通常は時価額が基準ですが、万が一の時の為に高くても価額協定特約にしょうか?など色々金銭や他の方と相談したり考えることが多々ありますね。

 

 

項目 住宅の種別・住んでいる所で割引が違う?

 

 

住宅の種別(鉄筋コンクリート・鉄筋ストレート・省令純耐火構造・木造モルタル塗り・木造木板張りなど)や住んでいる所で支払う料金が変わってくるようです。

 

耐震など評価の高い2×4工法住宅は省令純耐火構造で保険料が安いようなので、2×4か調べて省令純耐火構造の構造で火災保険に入るようにして、後から2×4が解った場合は保険の住宅種別の内容変更して払いすぎないようにする事が必要ですね。
セコムなのですが、加入している場合はセキュリティー割引というのがあり割引してくれるみたいです。
※割引対象なのか対象外なのか聞く必要が有ります。
他にも会社によって色々な割引があるようです。

 

 

 

 



火災保険の選び方は? 地震保険はつけた方が良い? 火災保険Q&A 火災保険人気No.1はココ!